宮川孟宗竹粉とは

伐採した竹を粉砕機で細かくしたものを「竹粉(ちくふん)」と言います。
竹粉を土中に混ぜたり、土表面に撒いたりすることで土中の乳酸菌を増やし、肥料、堆肥の分解が促進され、農作物が栄養分を吸収しやすくなります。
「宮川孟宗竹粉」は、独自の切断により非常に細かいパウダー状にし、常温で乳酸発酵を促進して真空包装で乳酸菌を閉じ込めています。

もっと詳しく読む

お知らせ

2017/10/27 ホームページをリニューアルしました。

商品のご紹介

食味値75%以上のお米

食味値75%以上の

お米

宮川孟宗竹粉の力強い生命力と、たっぷりの栄養分を土壌への源とし、日本でも有数の清流、宮川から流れる水を利用して出来上がった宮川孟宗竹米です。
商品はこちら

ぬか床・漬け床

宮川孟宗竹粉で本格お漬物

ぬか床・漬け床

ぬか漬けの場合は、ぬか床に竹粉を混ぜたり、他の漬物に対しては、野菜全体にまぶすように入れることで、漬物の味がまろやかになり、甘みがでます。
商品はこちら

宮川孟宗竹の肥料

土中の乳酸菌を増やす

宮川孟宗竹の肥料

宮川孟宗竹粉は、土中に混ぜたり土表面に撒いたりすることで土中の乳酸菌を増やし、肥料・堆肥の分解が促進され、野菜が栄養分を吸収しやすくなります。
商品はこちら

ペット用品

大切な家族に健康を

ペット用品

猫や犬の餌に混ぜることで乳酸菌で胃腸が丈夫に、食欲も増し糞の臭いが軽減されます。
カブトムシやクワガタの床材も!
商品はこちら